損失リスクなしで月数十万円以上稼げる3つの副業

19/08/2019

相談者
相談者
怪しくない副業で月10万円以上稼ぎたい

「お金増やしたいけど投資は損したら嫌だ」「バイトみたいな副業は時間もないし面倒」。そんな希望をこの記事で解決します。

損失リスクなしで月数十万円以上稼げる副業

相談者
相談者
損失リスクなし?しかも月数十万円なんて怪しい。。。
北条
北条
ただし、パソコン必須。あと頑張らないと稼げない
月数十万円以上稼げる副業リスト
  1. クラウドソーシングでスキルを活かし仕事を受注
  2. ブログ・アフィリエイト・YouTubeなどで広告収入を得る
  3. 有料コンテンツを売る

一般的に副業というと、コンビニや飲食店のバイト、内職、オークション、転売、フリマ、投資などが思いつきますが、時間給で得る収入は限界がありますし、投資や転売なんかは損するリスクがあります。

そこで、比較的自由にできて金銭的リスクがなくスキルや努力次第で稼げる、上記3項の副業が今の時代に最も適していると言えます。数十年前は、副業というと内職や怪しい系、バイトの掛け持ちくらいしかなかったわけですから、今の時代は恵まれてますね。(いつの時代でも、その時代に合った稼ぎ方があると思います)

ただし、月に数万円の収入が確実に欲しいのであれば、コンビニや飲食店などの時間給バイトが堅実ですので、数万円稼げれば良いという人はバイトをお勧めします。

クラウドソーシングでスキルを活かし仕事を受注

クラウドソーシングとは、インターネットを介して仕事を発注・受注・相談できるウェブサービスの総称です。

個人や企業が、ウェブサービスを通してスキルがある人に仕事を依頼し、その分野のスキルがある個人や企業がインターネット上で受託する仕組みなので、在宅ワークやノマドワークで副業・本業が可能です。

ノマドワーカーと言われている人達は、主にクラウドソーシングを利用して仕事を引き受けています。

例えば、イラストが描ける人であれば、イラストの依頼を引き受けて報酬を得られますし、プログラミングスキルのある人ならプログラム開発の案件を受託し報酬を得られます。

その他、各種デザイン、ロゴ作成、写真撮影、動画編集、ライティング、翻訳、アイデア提供、ネーミング、アンケート、音楽作成など、自分の得意分野で副業に活かすことができます。

職種や案件によって報酬は異なりますが、イラスト作成なら1件3万円ほど、ライティングなら1文字0.5円~3円ほどの報酬を得られます。

クラウドソーシングで有名なところは、Crowdworks、Lancersです。登録は無料なので、まずは登録してみて自分に出来そうな案件があるかを確認してみるのも良いでしょう。

外部サイト

ブログ・アフィリエイト・YouTubeなどで広告収入を得る

相談者
相談者
なーんだ!アフィリエイトかよーw
北条
北条
そう思うなかれ。
ハッキリ言って今の時代に違法性が無く「リスクなし」「スキルなし」「個人」が、「パソコン一つ在宅で」月収数十万円、数百万円を目指せる副業というのは、この仕事しかない。

「ブログ、アフィリエイト、YouTube」で広告収入を得ることは、今の時代の流行りでもあり、ほとんどの人が既知の知識かと思います。

既に多くの人が知っている情報だからこそ、競合が多くアクセスを伸ばすことが年々難しくなっていますが、スキルを持たない個人が損失リスクなしで月に数十万円、数百万円稼ぐには、2019年の今の時代、この方法しかありません。(僕の本業は、月8桁アフィリエイターです)

ただし、時間的リスクは伴います。バイトのように時間給で確実にお金をもらう仕事ではないので、やったらやった分だけ報酬が得られるというわけではなく、何ヶ月もかけて頑張ってブログやサイトを作ったのに報酬0ということもありえます。

相談者
相談者
だったら稼げないし意味ないじゃん

そう思うかもしれませんが、宝くじの「買わなければ0円」「買えば当たるかもしれない」のと同じで、「やらなければ100%の確率で0円」「やれば数%の確率で月に数百万円レベルの報酬が得られるかもしれない」「しかも無料で努力次第で稼げる確率は大幅アップ」というのであれば、僕ならやる方を選びますね。

有料コンテンツ売る

ここで言うコンテンツとは、「写真・動画・音楽・デザイン・イラスト・データ・プログラム・小説・漫画・マガジン・情報」を指します。自分が撮影・制作したコンテンツをウェブサービスを通して売ることができます。

写真であれば「PIXTA」「Shutterstock」という写真販売サイトを仲介して売れますし、音楽であれば「iTunes Store」「bandcamp」を通して売れます。

データというのは、例えば、「PSD、EPS、AIファイル」などですね。「freepik」という海外サイトで売れます。また、Procreateというお絵かきアプリの有料ブラシデータを個人で制作し、自分のブログで売っている人もいます。

最近では、クリエイターと読者を繋ぐサービスの「note」も流行っています。noteは、ブログのように使うこともできますが、1件数百円〜数千円程度で情報などのコンテンツを有料記事として売ることも可能です。

「情報を有料記事として売る」と聞くと怪しくも聞こえるし難しく感じるかもしれませんが、noteの場合はミニ書籍を買うような感覚で記事を買い、ブログのように手軽に読めることで売り手買い手にも人気を集めています。

このように、自分で撮影・制作したコンテンツは様々な方法で売ることができますが、ここで重要なのは、コンテンツ販売で稼ぐには工夫が必要ということです。

単純に1つのウェブサービスのみに登録して売れるということは難しく、Twitter、Youtube、ブログなどと連携させてファン(アクセス)を増やし、様々な販売仲介サイトの自分のページへアクセスを流すことがコツです。

あと、日本よりも海外のサービスの方がシェア数が大きいため売れやすいということもあります。日本独特の写真やイラストは海外では人気ですから、需要に合わせて撮影・制作することも大切です。

手に職(スキル)がある人は強い

上記で紹介した3つの副業の内、「クラウドソーシングで仕事を受注」「有料コンテンツを売る」の2つは、スキルがないと稼ぐのが難しい副業です。

プログラムのスキルがある人ならプログラム開発、イラストのスキルがある人ならイラスト制作、英語のスキルがある人なら翻訳や通訳。というように特定分野でスキルがある人は、例え会社員を辞めたとしてもネットがあれば世界中どこでも仕事で収入を得ることができます。

そして、企業も人を終身雇用するより、必要なときに必要な分を働いてもらい、その分の報酬を支払うというスタイルの方がコストが削減できるので、世の中はその方向へシフトしつつあるのも現状です。(企業によると思いますが、IT系やデザイン系の会社はアウトソーシングが多くなりつつあります。)

相談者
相談者
俺、何もスキルないからこの2つの副業はできないや…

そう思った人は、未経験・初心者でもプログラミングが学べるプログラミングスクールで、プログラムのスキルを身につけるのも良いと思います。

これからの時代稼ぎ生き残るには、プログラミングできる人が強いと業界でも言われているので、プログラミングのスキルは今後絶対に無駄にはならないでしょう。

相談者
相談者
でも、初心者に教えるプログラムなんて、仕事レベルにならないでしょ?

今の時代本当に便利で良い環境になったもので、一昔前なら初心者に教えるプログラムと言えば仕事に使えないほどの基本レベルだったんですが、今は未経験から独立(副業やフリーランス)までを完全サポートするTECH::CAMPのもう一つのサービスである「TECH::EXPERT」というプログラミングスクールがあります。

「どんな内容か分からないから不安」という人でも、まずは無料体験会で自分にできそうか確認できますし、分からないことは気軽に相談することもできます。尚、無料体験会は、「TECH::CAMP」から誰でも参加できます。

ちなみにあまり関係ないんですが、TECH::CAMPを運営する社長はYouTubeで仕事や人生に役立つ情報なんかを配信しています。まこなり社長が今まで読んで良かった書籍のまとめや若いなりにも学ばれてきたことを完結に共有してくれるので、僕も学ぶために毎回見てますw

スキルを身につけるとか面倒なら好きなことを副業にする

好きなことを仕事って聞くと難しそうに感じますが、副業レベルであればそこまで難しくはありません。

「スキルを必要とせず好きなことで稼ぐ」の報酬ベースは、ブログ・アフィリエイト・YouTubeによる広告収入が基本となります。

例えば、コーヒーが大好きなのであれば、コーヒーの歴史、コーヒーの産地と豆の種類、良いコーヒー豆の選び方、コーヒー豆の賢い買い方、コーヒー豆の味と香りの比較、焙煎による味と香りの違い、味と香りが落ちないコーヒー豆の保存方法、一番美味しく飲めるドリップ方法、ミルクコーヒーの黄金比率、都道府県別おすすめコーヒー店、コーヒー店のレビュー、キャンプで飲むコーヒーの淹れ方などなど、コーヒー1つ取っても多くのネタがあり、それを知りたい人の需要もあるので、写真付きでブログにまとめてGoogle AdSenseなどで広告収入を得ることができるわけです。

更に、クラウドソーシングで飲食やコーヒーに関するライティング案件が時々あるので、そこで受託してライティングで稼ぐこともできます。

好きなことは何でも良い

先程はコーヒーで例を説明しましたが、これが、コーヒーじゃなくて料理でもいいですし、旅行、鉄道、登山、キャンプ、車、本、スポーツ、カメラ、温泉、音楽、釣り、筋トレ、ゲーム、アニメ、漫画、ネットサーフィン何でも良いわけです。

自分が好きなことや趣味になっていることは、少なからず他の人も同じ好きなことや趣味を持っています。逆にニッチであればあるほど、ブログやサイトなんかは稼ぎやすいです。

自分が興味あることや好きな分野を徹底的にブログなどで紹介することで、同じ趣味や共感を持った人が自然に集まりだし、コメント欄やTwitterなどでレスポンスが来るようになり、そこへ小さなコミュニティが生まれます。

つまり、アクセスが集まりファンが増えるということは、Google AdSenseでテキトーに広告貼っても、ある程度は稼げるようになるということです。

そこから、「関連する紹介できそうな広告(商品やサービス)はないか?」とか「もう少しデザインや書き方をこうしたら見やすくなるんじゃないか?」とか「合わせてTwitterやInstagram、YouTubeもやってみよう」とか、色々考えながら工夫していくことで、更に強力なブログやサイトが出来上がり、より多くの広告収入を得られるという仕組み流れです。

僕の本業はアフィリエイターですが、今まで100サイト以上作ってきたサイト群も、基本はこの考えでコンテンツを作成しサイトの量を少しずつ増やしました結果、月8桁稼げるようになったのです。

月に数十万円以上稼ぐ3つの副業まとめ

個人が損失リスクなしで月に数十万円以上稼げる副業は、下記の3種類。投資は損失リスクがあるので副業に不向き。

尚、確実に月数万円を稼ぎたいのであれば、コンビニや飲食店などの時間給バイトの方が効率が良い。

  1. クラウドソーシングでスキルを活かし仕事を受注(特定のスキル必要)
  2. ブログ・アフィリエイト・YouTubeなどで広告収入を得る(スキルなしでOK)
  3. 有料コンテンツを売る(特定のスキル必要)

「違法性なし」「リスクなし」「スキルなし」「個人」「パソコン一つ在宅で」「月収数十万円、数百万円」を目指せる副業は、今の時代は「ブログ・アフィリエイト・YouTubeなどで広告収入を得る」方法のみ。

  • 好きなことや趣味を徹底的に調べてブログにするだけ
  • ニッチな情報ほど稼ぎやすい
  • 広告はGoogle AdSenseを基本
  • 他に関連する広告がないか調べる
  • より良くするための工夫を怠らない